高齢犬のドッグフード選びは注意が必要

高齢犬のドッグフード選びは注意が必要

高齢犬のドッグフード選びは注意が必要

今お店には様々な種類のドッグフードがあります、犬種によって与えるドッグフードを変えたり、高級なドッグフードまで多種多様に存在していると思います。

 

犬も人間と同じで好みがありますが、このドッグフードを適当に選んでいては場合によっては犬の健康面で悪影響を及ぼすことも考えられるのです。

 

犬種によってドッグフードを選ぶ人は多いと思いますが、年齢によってドッグフードを選ぶ人はまだまだ少ないと言われております。そこが大きな落し穴になっていて、以前までは犬の体調面で悪い影響は出ていなかったのに気が付くと悪い影響が出ていていったい何が原因なんだろうと不思議に思う飼い主も多いです。

 

高齢犬は若い時に比べて消化力が落ちている、それに気が付かずに昔と同じようなドッグフードを同じ量与えていると太ったり場合によっては内臓機能に大きな負担がかかり病気になってしまうこともあります。

 

それらに気をつけるためには、高齢犬には高齢犬用のドッグフードを与えることをおススメします。

 

高齢犬用のドッグフードは簡単にペットショップで手に入れることができますので自分が飼っている犬の犬種との相性で選ぶと良いでしょう。

 

今は人間と同じように犬も長生きができる環境になっていると言われております、少しでも元気にそして長生きしてもらうためにもドッグフード選びには注意しましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ